通貨安競争へ突入かも知れない

安倍総裁発言で円安が加速しています。23日放送のテレビ番組で、日本企業は為替が85円を超えれば収益が上がって法人税を払ってもらえるとの発言をしているのです。
しかし現役の首相や閣僚が為替水準を語るのは、あまりよろしくないというのが常識になっていて、何故かと言うと為替介入を行う際に参加者に足元を見られてしまうからだからです。
しかも安倍氏だけでなく幹事長の石破氏も望ましい為替水準を、85円から90円であると発言しており新政権の目指す為替水準を明かしているということになっています。
これによりアメリカとの通貨安競争が、始まるのではないかという懸念の声が出てきています。アメリカでも金融緩和をおこない自国通貨安を目指していて利害関係がぶつかることになるからです。


このページの先頭へ戻る