外貨のタンス預金について

何だかんだ言っても日本人は金持ちです。世界的に見れば、やはり日本人はお金を沢山持っています。実際、非常に多くの日本人は、一度や二度は海外旅行の経験があることでしょう。
その際、外国からの帰国時には外貨は日本円に交換することと思います。しかし、交換しそびれた小銭も少なくはないと思います。また、時には小銭どころか、ある程度まとまった外貨を、そのまま自宅に持ち帰ってしまうことも珍しくはないでしょう。
そんな外貨が日本中に眠っていて、恐らくその総額はかなりの大金になるのではないかと思われます。そのように無駄に眠る外貨のタンス預金を、いかにして有効に活用すべきか、私たちは皆、真剣に考えてみなければならないのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る