私が取引する通貨ペアについて

私がFXを始めた頃は、どの教科書にも書いてある通りまず米ドル円の取引から始めました。ただ米ドル円はボラティリティ(流動性)が低い通貨ペアなので、他のクロス円(ユーロ円、ポンド円、豪ドル円)なども徐々に取引対象に加わっていきました。FXをやり始めてしばらくは米ドル円かクロス円しか取引していませんでしたが、そのうちにFXには外貨同士のやり取りも可能であると気づきました。私が取引していたFX会社にもユーロドルやポンドドル、ドルスイスなどの外貨同士の通貨ペアの取引はありましたし、取引できることももちろんわかってはいましたが、円絡みの取引と比べるとどうもイメージしにくく、とっつきにくいという感じで避けていました。

 

しかし円高が進行してまれに円売り介入などが行われたりするようになると、円絡みの取引がやりにくいと感じることも増えて、ためしにユーロドルなどをトレードしてみました。やってみたら基本的には米ドル円などとなんら変わりなく、食わず嫌いだったことがわかりました。それ以来外貨同士のペアも積極的にトレードするようになりました。せっかく様々な通貨同士の取引ができるので、やったことの無い人はぜひチャレンジしてみていただきたいと思います。


このページの先頭へ戻る