FXは月の第一金曜日に大きく動く

FXは月曜日から金曜日まで24時間世界中の投資家達が取引をしています。株価やニュースや国債入札状況などを材料に絶えず動き続けています。なのでこれからどういった方向に動いていくのかは誰にも分かりません。しかし、大きく動く瞬間を予想することができます。それが経済指標と呼ばれるものです。経済指標は国の失業率や貿易収支などを月の決まった日に発表するものです。特に注目されているのが月の第一金曜日に発表されるアメリカの雇用統計です。

 

アメリカの景気は世界経済を左右すると言われています。なのでこの雇用統計が市場の予想よりも大きくかけ離れていた場合は相場も大きく動きます。雇用統計の結果が良かった場合はドル円だとドル買いで反応します。しかし、ユーロドルだと少し複雑です。ユーロドルの場合は結果が良くても素直にドル買いで反応せずにアメリカの景気が良いのだからリスクを取りやすいと言うことでユーロが大きく買われる場合があるので注意が必要です。

FXは月の第一金曜日に大きく動く/FXのスタートをサポート!関連ページ

初心者にもおすすめ
FXと円の関係
まずシュミレーション

このページの先頭へ戻る